気分も身体もデトックスのウォーキング始めよう!

ダイエットに有酸素運動がいいということで面倒くさがりの私は手軽なウォーキングをしました。毎日空いた時間に家の近所をグルグルときっちり60分歩きました。気をつけたことはいつもの自分のペースよりちょっと早めに歩く事と背筋を伸ばして歩く事。

 

一言で言うと体重がすぐ減るという即効性はありませんでしたが、良かったことがたくさんあったのでご紹介します。

 

1、お腹が空かない ウォーキングした直後はなぜか変な満腹感がありました。激しい運動をした後ってお腹が急激に空きますが、ウォーキングはゆっくりな運動なのか何故か全然お腹が減りませんでした。夕方に歩いて夕食はなしにすることも多かったです。

 

2、脚やせ ウォーキングを開始してから人から脚が細いねと言われるようにになりました。特にふくらはぎがスラッとしたような。脚って身体の中でもなかなか痩せにくい部分だったのでとっても嬉しかったです。

 

3、ストレス解消 音楽を聴きながら、考え事をしながら、街の景色を楽しみながらのながらウォーキングですのでストレスはゼロでした。またウォーキングが終って一休みすると爽快感と達成感を感じました。

 

4、お金が掛からない 歩くだけなので何かを新しく購入することはなしでした。経済的なダイエットですよね。
すぐに始められるウォーキングはかなりおススメです。続けると身体のラインが綺麗になり気分も上がりますよ!

 

 

私の足のニオイ対策!!

私は接客や販売のお仕事で、立ち仕事が多い職業に勤めていました。お客様やスタッフと近づく機会が多いので体臭にや足の臭いには気をつけていたのですが、仕事が終わると足のニオイがぷ〜んと臭ってきてその日の疲れがどっと疲れる感じでいました。

 

ヒールにストッキングがニオイの原因と家族に聞いたので、靴下やスニーカーに変えてみたものの効果は見られませんでした。

 

足の角質から臭うのでわないか?と思った私は固くなった足の角質を最初の頃は削っていましたが、皮膚に悪いと聞いてはくだけで足の角質がツルッとむけるという商品を使っていました。ただ、お値段的にも続けるのは高いし数日間はニオイがなかったのですが思うような効果は見られませんでした。いろいろ調べて、足に負担がかかる靴はやめる。毎日使う靴を何種類か用意してローテーションではく。使ったあとの靴は除菌スプレーを使う。休憩時間や出勤前、仕事終わりはアルコール除菌シートでふく。

 

その他にも足のケアも削るだけではなくボディクリームで保湿しはじめました。手間はかかりますが、みるみるうちに足のニオイに悩まされることはなくなりました。

 

足のニオイでお悩みの方は私以外にもいっぱいいると思います。その方たちの足のニオイの悩みが軽減できればと思いました。

 

 

足の臭いの改善自体はそこまで難しいわけではない

体臭というのは自分ではわからないということが多いので日々注意しておいた方がよいことになります。具体的にそれはどのような形になるのかと言いますと清潔にするということになります。これは足の裏の臭いにもいえることです。おおよそ足の匂いというのは足の裏から出している汗によってその匂いがついてしまっているということが多いです。

 

つまりは、足の裏をしっかりと拭くことによってだいぶ改善できたりすることもあります。当たり前ではありますが靴下を何日も同じものを履いていたりとか靴をずっと洗うことなく使っていたりなどがありますと匂いがとてもついてしまうということがありますのでそれが原因で臭いという人も割といたりします。加えて汗自体の質が悪いという場合もあります。

 

タバコとか脂物をよく食べているということになりますとどうしても体臭が臭くなってしまう、ということがありますから、これから改善を目指すということはかなりしやすくなっているといっても過言ではないでしょう。

 

食事などによっても体臭が違ってくるということがあります。それは脚に対することでもあるわけですから、そのあたりは意識して、改善していくようにしたほうがよいでしょう。

 

 

おデブの私の日課のダイエットとは

 

食事制限など、食事療法でやせようといろいろやりました。大麦若葉青汁から始まって、酵素を使ったダイエットアプリなどです。それから下剤ダイエットもやりました。そのあと、クーラーなしダイエットこれが一番きつくストレスから余計に太りました。人間関係も崩れつらい思いをしました。そこで、たどり着いたのが安眠ダイエットです。

 

夜なるべく22時までに床に就くことです。そして7時間ぐっすり眠るということです。疲れもとれて楽でやせられるというのはいいですね。あともう一つ実行しているのが、糖質ダイエットも兼ね夕飯はご飯を抜きます。おかずだけ食べるのです。最初はお腹がすいてたけど慣れたらほど良くていいです。でもバランスがいい食事はしたいのでおかずや朝と昼は我慢しません。

 

お菓子も食べたいときは食べますが、量を決めています。そして精神力を養うためアロマテラピーをしています。気分によってオイルの匂いを変えたりしています。でも私はメンタルに弱くて負けそうになるのでカフェインは取りますね。

 

取りすぎが気になるときはハーブティーや飲むヨーグルトを飲みます。あと朝に運動ができたらいいんですが、なかなかできないので朝日を浴びることにしています。翌々は涼しい間に自転車で運動出来たらと目標は持っていますが、なかなかおデブの私は動くのが面倒くさいですね。

 

 

ランニングダイエット

 

私が体験したのはランニングダイエットです。
実際に効果は抜群で、70キロ近くあった体重が半年程で63キロまで減りました。

 

きっかけは久しぶりにあった知人からの太ったね、の一言でした。
その言葉が私の心に火をつけました。
それから週に5回程度のランニングダイエットをスタートしました。

 

よくジョギングはほとんどカロリーを消費しない、ダイエットには効果がないという話を聞きます。
ですが、私がおこなったのはジョギングではなくランニングです。
ジョギングよりも速いペースで走ることを意識しました。
そして、ランニングであればダイエットに効果はあると体験することができたのです。

 

週に5日位の頻度で1日に10キロ程度走りました。
これは非常にキツかったです。
すべては痩せるため、と思って何とかやり遂げました。
数ヶ月すると徐々に体が慣れてきて、次第につらさも減ってきます。
その頃から体重にも変化が表れました。

 

このダイエットをおこなっている間、食事療法は一切おこないませんでした。
食べることが大好きで我慢できないからです。
そのかわりに絶対に同じ頻度でのランニングをやり遂げました。

 

その結果、半年程で見事に7キロ近くのダイエットに成功し、ランニングを続けている現在も体重を維持できています。
ランニングダイエットはつらいですが、やり遂げれば必ず効果が出るダイエットです。

 

 

 

長年チビデブの私が、3か月で6キロ痩せました

 

初夏の爽やかな風とは裏腹に、お腹についた贅肉の存在感が重く感じる季節になりました。

 

長年、ちびデブの私が3か月で6キロのダイエットに成功した方法をお話します。
若い頃からずっと小太り体型の私は.、何度もダイエットにチャレンジしましたが、甘いものの誘惑に負け、成功したことがありませんでした。

 

置換えダイエット、糖質制限ダイエット、スポーツクラブで運動、晩御飯を抜くやり方などさまざまなダイエット方法が巷にはあふれています。

 

糖質制限などの片寄った食事制限は貧血や思考力低下など、体に悪影響を及ぼします。
痩せたとしても、リバウンドすることも多く、失敗に繋がります。

 

@私がやったのは、ウォーキングアプリを使った1日1時間のウォーキングで消費カロリーの記録
A食事記録アプリによるカロリー計算と
体重の記録

 

この2つを組み合わせて、自分の生活を見直してみました。

 

ダイエットの基本は消費カロリーが摂取カロリーをオーバーすることです。

 

カロリー計算アプリにはさまざまなものがありますが、自分の体のデータを入力すると、一日に摂取できるカロリーを把握できます。

 

摂取カロリーから基礎代謝と普段の生活で消費するカロリーそれに加えてウォーキングでの消費カロリーを引いて、摂取カロリーをマイナスにすれば痩せることができる計算になります。

 

ダイエットを始めてすぐには体重には反映されません。体の変化や体重で実感できるのは2週間後といわれています。ですので、毎日の計測で一喜一憂せず、ゆったりした気持ちで取り組むことが大事です。

 

私はこの方法で、自分の食生活を見直すこともでき、自然と栄養面でも気をつけるようになり、健康的痩せることができました。

 

 

 

炭水化物抜きダイエット

 

10代の頃、太ってきたのが気になり始めました。
そこで始めたのが夕食の炭水化物を食べない事でした。
おかずは出されたものしっかり食べます。それだけで1週間で2キロほど変わりました。

 

それが嬉しくて、気になった時はしょっちゅう炭水化物を抜くようになりました。翌日、体重計に乗ってあまり効果が出ていないなと感じた日は、夕飯自体を食べなくなりました。

 

お腹はすくけどひたすら我慢です。すると、翌日には早速効果ぎ現れ私はまた嬉しくなりました。
そしてすぐに変化を感じたい場合は、夕飯を食べないようになりました。
当時10代で、母親からはしっかり食べないとダメだよ、と言われていましたが、そんな言葉は御構い無しに夕飯を食べない生活を繰り返していました。

 

すると、ある日から便秘になってしまいました。それもかなりの便秘です。3、4日でないのは当たり前、1週間に一回やった出るか出ないかの状況でとても苦しいものでした。

 

便秘になってしまうと体重にも響き、なかなか痩せてはいきません。
何故だろうと悩んだ時に気づいたのが、今まで夕飯を食べなかったからという事です。

 

無理な食事制限で便秘になり、体重は落ちず悪循環になりました。
それ以降は、夜は食物繊維の多い食事を心がけ少しずつ改善していきました。

 

トップへ戻る